今では青汁は健康食品の定番として美容と健康のために愛飲されていますが、青汁の歴史を辿ってみると意外なことがわかりました。 私たちが青汁のことを初めて知ったのは、とある青汁メーカーのコマーシャルで「まずい!もう一杯!」という衝撃的な内容でした。 ここで青汁=まずいという図式を全国の人に植え付けて、さらに1990年代にお昼のバラエティー番組の罰ゲームとして青汁一気飲みが導入されました。
この青汁一気飲みである意味では私達の頭の中に青汁はすごくまずくて苦い飲み物だと再認識し、テレビの向こうで青汁が入ったジョッキを旬のアイドルや芸人さんたちが青汁ソングに合わせて一気飲みをしている姿を見て衝撃を受けました。

罰ゲームに使われるくらい苦くてまずいものだということを知り、青汁が販売されていても健康には良さそうだが飲むのに勇気がいるという印象でした。 そもそも青汁は九州の一部の地域で愛飲されていた健康飲料だったのです。 あの例の「まずい!もう一杯!」のコマーシャルを流していたのも最初は九州限定だったそうです。

青汁のルーツをもっと辿ると戦時中にさかのぼります。 岡山県倉敷市で捨てられていた葉っぱを食べていたところ体調が良くなったのがきっかけでした。 遠藤博士が青汁を開発したのをきっかけに青汁の普及活動を始め、少しずつ青汁が全国に普及していったのです。 遠藤博士がいなければ青汁は日本に広まらなかったかもしれません。

そして近年の青汁はとても飲みやすい健康食品に改良されています。 大麦若葉を利用した青汁は何と抹茶のような味わいを楽しむことができる青汁です。 年々飲みやすく改良することで青汁が自分たちの生活により身近な存在にしてくれているのです。 原材料の品種改良などによっておやつ感覚で飲みやすくなっている青汁でしたら、まずい苦いと感じることなくおいしく飲むことができますし健康を維持することができます。

それにもっと摂取しやすいものとして青汁のサプリメントが開発されています。 こうして青汁の歴史を辿ると最初はすごく苦くて飲みにくくて、バラエティー番組の罰ゲームとして使われることがありましたが、近年では飲みやすい青汁の登場によって健康的な生活には欠かせないものだと再認識されています。 今では一般の方からモデルや女優さん、美容家の皆さんに愛飲されています。 将来、もっと飲みやすい青汁が登場するかもしれません。 青汁を飲んだことでどのような働きがあるかは 青汁の効果を実証するサイト をご覧ください。

ただ、この「飲みやすい」という意味をしっかり理解しなくてはいけません。 本当に飲みやすいだけなのであれば青汁を飲む必要はなく、オレンジジュースを飲んでいれば良いとなってしまいます。 飲みやすいという後についてくるのは「栄養はそのまま」でということで、青汁を飲みやすくするための研究をしている方たちが一番気を使っているのは、どれだけ栄養素を壊さずに美味しくできるかということなのです。
このように長い歴史を持つ青汁はきっとあなたの健康を支え続けてくれるでしょう。 今まで青汁に全く関心がなかった方も挑戦してみましょう。